雨漏り診断・補修・防水工事おまかせ下さい。エリア:徳島・香川(さぬき市・東かがわ市)・淡路島
雨漏り補修施工エリア:徳島・高松・さぬき市・東かがわ市・淡路島


技術・実績・信頼
で社会に貢献


【本店】
〒771−1320
徳島県板野郡上板町神宅
字西金屋51−3

【脇町店】
〒779−3601
美馬市脇町拝原

雨漏り診断110番

TEL
フリーダイアル
:0120-968-622

:088-694-4371
E-mail
:info@amamori110.jp
URL
:http://amamori110.jp



↑クリック↑
雨漏りで困ったなというお方はまずは相談してみて下さい。
どの業者に見てもらっても解決しない雨漏り大歓迎!!
どのような雨漏りでもお待ちしております。
雨漏り診断・防水工事の専門会社です。

止まらない雨漏りはありません。
「大切な建物に雨漏りがして困った」と言うお話しを聞きます。次に、「雨水はどこから入っているのか解らない」が聞かれます。でも、ちょっと待って下さい。雨漏りの原因は必ずあるはずです。弊社では長年の実績と経験で原因を発見し、対策させていただいております。

というよりも、雨漏りの発見は当たり前として、いかに早く見つけるかということが腕の見せどころと思います。
また、対策工事においても、少ない工事費でも長持ちする建物になるような創意と工夫で取り組んでおります。
雨漏りは天井・窓枠・壁・床のどこからですか?

まず、下記の要素から原因が考えられ、これらを元に現地調査を行います。(建物によっては、該当しない場合があります)
建物の種類 木造・鉄骨・鉄筋等の構造の違いによって、雨水の流れ方に特徴があります。
浸水経路の部位 雨漏りしている上には何がありますか?(ベランダ・屋根・屋上・サッシ窓・壁・その他)
主な原因箇所 屋上・ベランダ 既存防水層が原因
笠木廻りが原因
屋根 屋根材の経年変化による劣化
シーリングの亀裂、経年変化・板金材の取付け不良
サッシ廻り シーリング材の亀裂、経年変化
その他 地盤のゆがみ、傾きによる建物への負荷
増築した接合部から雨漏り
水道配管の水漏れ

地球温暖化と雨漏りの関係
年々大型化・威力が増してきている台風、観測史上最も多い集中豪雨で雨の降り方が凄まじくなっています。それにともなって、今まで大丈夫だった建物が、急に雨漏りするようになっています。台風前には建物チェックを忘れずに!
雨漏りの対策方法が数種類あります。
いざ雨漏りを発見し対策防水工事を施工する場合、数ある工法の中から防水強度、耐久性、耐候性、施工性、メンテナンス性、相性、低コスト等を考慮して最適な工法で施工する必要があります。事前にご説明しご理解いただいてからの工事になります。
雨漏りの種類1
雨漏りには少しの雨で雨漏りする場合と吹き降りの時にだけ雨漏りする場合があります。
雨漏りの種類2
雨が降り出してすぐに雨漏りする場合と1日ほど時間をおいて雨漏りする場合があります。後者の方が建物には大敵です。
雨漏りの種類3
天井や壁にシミが出てきたり、水滴が落ちてくる見える雨漏り。
天井裏や壁の中からポタポタと音だけ聞こえる雨漏り。

壁の中を雨水が流れ落ち、知らぬ間に柱や土台・下地材が腐って構造上の強度低下になる見えない雨漏りがあります。
雨漏りチェック
1年に1回程度、特に台風シーズンには雨漏りチェックをされることをおすすめいたします。
地球温暖化を考慮します。
防水改修工事の場合、既存の防水層を残せる場合はその上に新規防水層を形成します。既存防水層を撤去しなくて済むので、産業廃棄物の発生が削減可能で二酸化炭素の排出が押さえられます。弊社でも少しのことですが、今出来ることにチャレンジしてまいります。
防水材の今後
地球に優しく、お客様にも施工作業者にも臭いが気にならず負担の少ない水性の防水材に将来的には移行していかなければなりません。また、ゴミの減量化を推進し、地球に優しい対応を心掛けてまいります。

弊社の雨漏り診断は、豊富な実績とノウハウで頑固な雨漏りに対応しております。また、丁寧・確実な施工をモットーに今日まで歩んでまいりました。
これからも現状に慢心することなく技術を向上させ、頑固な雨漏りを解決していくことで、お客様が安心して暮らせる住環境を提供することが弊社の使命と考えています。
Copyright (C) 2006 amamori110.jp. All Rights Reserved .